速水御舟

略歴

1894年 8月2日蒔田良三郎、いとの次男として浅草に生まれる(本名栄一)

1908年 松本楓湖の安雅堂画塾に入門する。翌年に師から「禾湖(かこ)」の号を受ける

1911年 第11回巽画会に「室寿の讌」出品、一等褒状を受け宮内省買上となる。紅児会に入会

1912年 号を自ら「浩然(こうねん)」と改める

1914年 成人を機に養子となっていた速水姓を正式に名のり「御舟」と改号

1915年 安画堂画塾の兄弟子今村紫紅を中心とし目黒で第一回赤曜会展開催

1917年 第4回院展に「洛外六題」出品、横山大観らの絶賛を受ける。最年少で日本美術院の同人に推挙

1919年 浅草で交通事故に遭い、左足を市電に轢かれるも九死に一生を得る

1920年 第7回院展に「京の舞妓」他を出品、徹底した細密描写が賛否両論をよぶ

1921年 吉田弥一郎の四女、弥(いよ)と結婚する

1926年 第1回個展を吉田幸三郎庭内で開催し「炎舞」他を出品する

1929年 第16回院展に「名樹散椿(めいじゅちりつばき)」を出品する

1930年 ローマで開催の日本美術展のため渡欧、ヨーロッパ各地エジプトを巡遊

1935年 3月20日腸チフスにて逝去、享年40歳

 

速水御舟「山櫻」30.6×22.5㎝ 1928年  吉田耕三艦

 

速水御舟は40年という短い人生を日本画の創造に捧げ、格調高い作品を数多く残しました

“真理を把握していない絵はつまらない”といい、描こうとするものの真髄をつかむべく、常に全力を傾け、納得がいくまで描いたといいます。

本作は、桜の季節の肌寒さをほんのり漂わせ、葉の落ち着いた緑の色合いも美しく、胡粉で彩色された桜自体が柔和な光を放っているようなもの静かな気品が感じられます。

制作されたのは1928年(昭和3年)、御舟が34歳のとき。この2年前に「炎舞」を発表し、翌年には「名樹散椿」を制作。傑作を世に送り出していた充実した時代の作品です。