梅原龍三郎

略歴

1888 (明21)年 京都市右京区に生まれる

1903 (明36)年 浅井忠の聖吾院洋画研究所に学ぶ

1908 (明41)年 渡仏。アカデミー・ジュリアンに入学

1909 (明42)年 ルノアールを訪問し、以後師事。ピカソ、マティス、ドガとも交流を持つ

1913 (大 2)年 帰国後、白樺社主催で個展を開催。

1914 (大 3)年 二科会の創立に参加

1920 (大 9)年 ルノアールの弔問のため、再渡仏する

1922 (大11)年 春陽会の設立に参加する

1925 (大14)年 国画創作協会に参加。国画創作協会洋画部を新設

1935 (昭10)年 帝国美術院会員となる

1937 (昭12)年 帝国芸術院(現:日本芸術院)会員となる

1944 (昭19)年 帝室技芸員となる。東京美術学校(現:東京芸術大学)教授となる

1952 (昭27)年 東京芸術大学の教授を辞任。渡欧。ベネチア・ビエンナーレの国際審査員となる。文化勲章受章。

1973 (昭48)年 日仏交流の貢献に対し、仏よりコマンドール勲章を受賞

1986 (昭61)年 東京で歿。享年97歳

 

梅原龍三郎「水浴裸婦」油彩・キャンバス 16.7×13.0㎝    1934年6月

東京美術倶楽部鑑定書あり

 

 

初期、生の輝きを描いたルノワールに惹かれ、その後セザンヌやルオーといった剛毅な作家についても大いに学び、吸収していきました。今作はルノワール やセザンヌが取り組んだ「水浴裸婦」に触発されたものかもしれません。体の輪郭の赤い線の上に引かれた黒線は油彩の上から鉛筆で縁取られたようです。こういったところにも縦横無尽に画材を駆使した梅原らしい大胆さやおおらかさが表れています。小品ながら魅力溢れる作品です。