松本竣介 略歴

1912年 4月19日東京都渋谷区で生まれる 旧姓は佐藤

1925年 中学の入学式で激しい頭痛のため入院 脳髄膜炎で聴力を失う

1927年 兄から油絵道具一式が送られ油絵を描き始める

1929年 母、兄とともに上京し、太平洋画会研究所に通う

1931年  靉光と知り合う

1935年 第5回NOVA展に出品し、同人となる

第22回二科展で初入選する

1936年 結婚して松本姓となる

1939年 第7回フォルム展に出品する

1940年 第2回九室回展に出品し、以後会員となる

第27回二科展に出品し、特待を受ける

初個展を開催

紀元2600年奉祝美術展に出品する

1941年  二科会会友となる

九室会航空美術展に出品する

1942年 松本竣介第二回個展を開催

1943年 新人画会を結成する

1944年 「俊介」を「竣介」に改める

1947年 自由美術家協会に参加する

1948年 6月8日逝去

「街(自転車)」デッサン  東京美術倶楽部鑑定書あり

 

「街(自転車)」油彩 1940

 

岩手県立美術館蔵の油彩画「街(自転車)」(1940年作)は、前期代表作「街」「都会」と同じモンタージュ技法で描かれ、音のない世界の“雑踏”を幻想的に表現しています。今作はその「街(自転車)」のために描かれたデッサンだと思われます。人々や建物が重なり融合されていく過程が見える興味深い作品です。