明治19年・1886

11月27日、東京市牛込区に生まれる。父嗣章は千葉県安房郡の出身で、当時陸軍一等軍医。嗣治は次男で、四人姉弟の末子。

明治38年・1905(19)

9月、東京美術学校西洋画科に入学。

大正2年・1913(27)

6月、渡仏。

大正8年・1919(33)

はじめてサロン・ドートンヌに出品。出品した6点が全部入選して、その年に会員に推挙され、パリ画壇における地位の確立に第一歩を踏み出した。

大正10年・1921(35)

サロン・ドートンヌの審査員に挙げられ、いよいよ黄金時代が展開する。

大正13年・1924(38)

10月、このころからフェルナンド・バレと別れてユキと暮す。

大正14年・1925(39)

レジオン・ドヌール五等勲章を贈られる。

昭和4年・1929(43)

9月、ユキを伴って17年ぶりに帰国。

昭和5年・1930(44)

1月、北米を経由してパリに帰る。9月、ニューヨークに渡って個展を開き、またグリニッチ・ビレッジにアトリエを借りて3カ月間制作を行ない、さらにシカゴに1カ月滞在する。

昭和6年・1931(45)

1月、パリに引揚げる。10月、ユキに別離の手紙を残し、マドレーヌを伴ってブラジルに旅立つ。

昭和7年・1932(46)

3月、アルゼンチンに入り、さらにボリビア、ペルー、キューバなどを回る。11月、メキシコに着き7カ月滞在する。

昭和8年・1933(47)

ニューメキシコ、アリゾナからカリフォルニアに渡って4カ月を過し、11月、マドレーヌと帰国。

昭和11年・1936(50)

12月、堀内君代と結婚する。

昭和13年・1938(52)

10月、海軍省嘱託として中支に派遣され、漢口攻略戦に従軍する。

昭和14年・1939(53)

4月、渡米。5月、パリに着く。

昭和15年・1940(54)

5月、第二次大戦の戦火迫るパリを脱出し、帰国。9月、陸軍省嘱託として、ノモンハンの戦闘を主題とする作品を制作するため新京に向い、10月、帰国する。

昭和16年・1941(55)

1月、父嗣章死去する。7月帝国芸術院会員となる。10月、帝国芸術院、国際文化振興会から文化使節として仏印に派遣される。

昭和20年・1945(59)

8月、疎開先の神奈川県津久井郡小淵村藤野で敗戦を迎える。

昭和22年・1947(61)

9月、ニューヨークのケネディ画廊で近作の展覧会が開催され、好評を博する。10月、第3回日展第2科審査員となる。

昭和24年・1949(63)

3月、渡米。フランス入国の許可も受けた。「日本画壇も国際的水準に達することを祈る」というのが故国に残す言葉であった。

昭和25年・1950(64)

2月、英国を経てフランスに着く。

昭和30年・1955(69)

2月、フランス国籍を取得。フジタは第二の故郷パリの市民となった。

昭和34年・1959(73)

10月、ランス大寺院で夫妻ともどもカトリックの洗礼を受ける。洗礼名レオナルド。レオナルド・フジタの第一作「聖母子像」を同寺院に寄贈する。

昭和43年・1968

1月29日、81歳で死去。2月3日、ランスのカトリック大寺院で葬儀。4月、勲一等瑞宝章を追贈される。遺体はノートルダム・ド・ラ・ペ礼拝堂に埋葬される。