梅原龍三郎 略歴

 

1888 (明21)年 京都市右京区に生まれる

1903 (明36)年 浅井忠の聖吾院洋画研究所に学ぶ

1908 (明41)年 渡仏。アカデミー・ジュリアンに入学

1909 (明42)年 ルノアールを訪問し、以後師事。ピカソ、マティス、ドガとも交流を持つ

1913 (大 2)年 帰国後、白樺社主催で個展を開催。

1914 (大 3)年 二科会の創立に参加

1920 (大 9)年 ルノアールの弔問のため、再渡仏する

1922 (大11)年 春陽会の設立に参加する

1925 (大14)年 国画創作協会に参加。国画創作協会洋画部を新設

1935 (昭10)年 帝国美術院会員となる

1937 (昭12)年 帝国芸術院(現:日本芸術院)会員となる

1944 (昭19)年 帝室技芸員となる。東京美術学校(現:東京芸術大学)教授となる

1952 (昭27)年 東京芸術大学の教授を辞任。渡欧。ベネチア・ビエンナーレの国際審査員となる。文化勲章受章。

1973 (昭48)年 日仏交流の貢献に対し、仏よりコマンドール勲章を受賞

1986 (昭61)年 東京で歿。享年97歳

 

「稀代のカラリスト」と称された梅原龍三郎は装飾的で絢爛豪華な世界を確立し、日本の洋画壇を牽引した巨匠として名を馳せました。

フランス留学の際には、ピエール =オーギュスト・ルノワールを師と仰ぎ、親密な関係を築きました。ルノワールは梅原に対し、「君には色彩がある。デッサンは勉強で補えるが、 色彩はタンぺラマン(天性)だ」と高く評価していたといいます。

中期から晩年にかけて、梅原は洋画の枠に囚われず日本の伝統的な画材を自由に取り入れます。西洋絵画に追随するのではなく“「日本的油絵」の創造”という課題に意欲的に取り組みました。

梅原は様々なモチーフを描きそれぞれに代表作がありますが、花の作品も非常に評価が高く華やかな魅力に溢れ人気があります。なかでも美しい色彩と豊かな量感をもつ「薔薇」は特に好んだモチーフで、生涯を通して描きました。今作は白の背景におおらかで可愛らしい薔薇が描かれており、赤をこよなく愛した梅原らしい温かみのある作品です。