1902年 香川県高松市に生まれる。

1922年 東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科に入学。

藤島武二に師事する。

1926年 帝国美術院第七回美術展覧会(帝展)に「婦人像」が初入選。

1931年 大分県大分市にて初の個展を開催。

1936年 小磯良平、中西利雄と共に新制作派協会(現新制作協会)を結成。

1938年 渡仏。パリにアトリエを構える。アンリ・マティスを訪ね、絵の指導を受ける。

1939年 第二次世界大戦の戦禍を受け、藤田嗣治と共にドルドーニュ州レセジー村に疎開。

1940年 最後の避難船「白山丸」にて帰国。

1942年 陸軍省派遣画家の一人に選ばれ、フィリピン戦線に派遣される。

1948年 「小説新潮」の1月号から表紙絵原画を担当。以後、1987年9月まで連載する。

1950年 イサム・ノグチと出会う。三越の包装紙「華ひらく」をデザイン。

1951年 国鉄上野駅(現JR東日本上野駅)中央改札の壁画「自由」を制作。

1955年 パリへの遊学を志すが、途中で寄ったニューヨークに惹かれ、アトリエを構える。

1956年 ニューヨークにて初個展。滞米中に全10回個展を開催する。

1973年 一時帰国。脳血栓により倒れ、日本で静養する。

1975年 健康上の理由から、夏は東京、冬はハワイでの創作活動を始める。

1980年 勲三等瑞宝賞を受賞。

1991年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館開館。

1993年 死去。享年90。

1955年、猪熊は50歳を過ぎてから、新たな表現方法を模索するためパリへ向かいました。ところが、途中で立ち寄ったニューヨークのアートシーンの活気に魅了され、そのままその地にアトリエを構え、翌年からニューヨーク・ウィラード画廊の所属画家となります。以後20年間ニューヨークでの制作活動を展開、この間に幾何学的構成による抽象へと転じ、点や線による明快な構成と明るい色彩でリズミカルかつ伸びやかな独自の画風を作り上げ、戦後を代表する抽象作家の一人となり国際的に活躍しました。また、イサム・ノグチ、マーク・ロスコ、ジャスパー・ジョーンズ、ジョン・ケージらと深い交流を持ちました。

 

~作家の言葉~

 

私の絵にリクツはありません。

絵は楽しいから描くのです。

 

大きなカンバスに、自由に絵を描いていると、

私の思いが次から次に発展して、

思わぬことが起こってきます。

夢のように発展していくアイデア、

マルを描こう、点点を描こう…。

それが私の絵です。

 

言葉なんかわからなくても

楽しいことがわかればいい。

絵もそうです。

何をかいてあるのかわからなくても、

美しいというのがわかれば、

それがいちばんいい絵のみかたです。