福田平八郎(ふくだへいはちろう 1892-1974)

「朝顔」  軸装

1892年(明治25年) – 大分市に文具店を営む父・馬太郎の長男として生まれる

1911年(明治44年) – 京都市立美術工芸学校に入学。

1918年(大正7年) – 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業

1919年(大正8年) – 第一回帝展に「雪」が入選

1921年(大正10年) – 第三回帝展に出品した「鯉」が特選となり、宮内省が買い上げる。

1922年(大正11年) – 谷口テイと結婚

1924年(大正13年) – 帝展の審査員になり、京都市立絵画専門学校助教授に就任

1930年(昭和5年) – 中村岳陵、山口蓬春らと六潮会に参加

1932年(昭和7年) – 「漣」を発表。

1936年(昭和11年) – 京都市立絵画専門学校教授となる。

1947年(昭和22年) – 帝国芸術院(同年末日本芸術院)会員。

1948年(昭和23年) – 毎日美術賞受賞。

1949年(昭和24年) – 日展運営会理事。

1958年(昭和33年) – 日展常務理事。

1961年(昭和36年) – 文化勲章受章、文化功労者。

1969年(昭和44年) – 日展顧問。

1974年(昭和49年) – 没、従三位追贈。

534 福田平八郎 朝顔

大正7年、京都市立絵画専門学校の卒業制作で悩んでいた福田平八郎は、師、中井宗太郎からの助言「自然を隔絶する幕を取り除く必要がある」「-君は自然を客観的に見つめていく方がよくはないか」という言葉を羅針盤としてその後の画業を展開させていきました。対象へのいかなるフィルターも通さず、自分の全感覚を開け放ち、「見る」ということに生涯をかけて描いた作家です。

 

卒業から3年後の大正10年、第三回帝展に『鯉』を出品し特選となり、宮内省に買い上げられました。その頃のエピソードです

 

南禅寺に下宿していたとき、境内の池に泳ぐ鯉を見ているうちにどうしてもこれを描いてみたいと思うようになったそうですが「今まで他人の描いたままのでは面白くない、徹底的にほんとの鯉を描いてみたいと思うと、上の方に居る奴、下の方に居る奴、その上へ下へと遊動する状など、見れば見るほどむづかしい。」そんなある日、寺の五右衛門風呂に入っていた時、「自分の足を湯の中で動かしながら観察していると、自ずから水中の変化がわかった。足をずるずると水のそこへ下げて見ると、足の先が非常に白うなるのだ。自分の足だから自由に上げ下げできるので、浅いところから深みへと出し入れしている中に実に微妙なものがはっきりとしてくる。それが丁度池の底に潜ったり、出て来たりする鯉の形の変化、色調の移り具合とよく似ている。『しめた』と思って、私は何べんも自分の足で池の中の鯉の活躍を観察する便宜としたものだ」といいます。その後、あちこちで鯉を見て比較研究し、とくに水のきれいな池で「三尾も重なったのが一番上のものも、頭の先から尾の尖まで鱗一枚々々はっきり見る事が出来」、「ここでみっしり写生をなし得たので、初めて水と言う観念なしに、鯉をはっきり描く事も怖くないと思った」と語っています。まさに「見る」ことが結実した作品です。

 

この受賞に伴い、かつての下宿先の娘と結婚し、母校絵専の助教授になり、ますます描くことに専念してきます。

始めのうちは東洋絵画の中でも最も客観的写実に立った中国の宋、元時代の院体花鳥画参考にすることも多く、大正13年に描かれた「牡丹」(山種美術館所蔵)はその影響が強く感じられる細緻な写実性の、まるで妖気を放っているかのような作品ですが、今回ご紹介いたします「朝顔」はまさに同じ年に描かれた作品です。世の中にも画家として認められ始め、絵画に打ち込んだその頃の気概が感じられるようです。葉についた露の一つ一つが丁寧に描かれ、精密な仕事ぶりが見られます。独特の陰影に大正時代の香りを感じる、大胆な構図と余白が美しさを際立たせています。

 

534 福田平八郎 朝顔 全体2