柳原義達(やなぎはらよしたつ 1910-2004)

「鳩」 ブロンズ

 

1910年 神戸市に生まれる。

1936年 東京美術学校を卒業。

1939年 新制作派協会彫刻部の創立に参加。(1951年より新制作協会となる)

1946年 佐藤忠良と共に作品を預けていた先の火災で戦前の作品を焼失。

1953年 渡仏。グランド・ショミエールでエマニュエル・オリコストに師事。(1957年に帰国)

1958年 美術家連盟理事となる。第1回高村光太郎賞受賞。第3回現代日本美術展で優秀賞受賞。

1965年 第1回現代日本彫刻展の審査選考委員となる

1970年 日本大学芸術学部美術学科の主任教授となる。

1973年 第1回彫刻の森美術館大賞展審査委員となる。第1回長野市野外彫刻賞受賞。

1974年 第5回中原悌二朗賞を受賞。

1983年 柳原義達展を開催(神奈川県立近代美術館、兵庫県立近代美術館など)。

1993年 柳原義達展を開催(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館)。

1994年 第35回毎日芸術賞を受賞。

1996年 文化功労者に顕彰される。

1999年 神戸新聞平和賞特別賞を受賞

2004年 逝去

鳩 2

佐藤忠良や舟越保武らと共に戦後の日本彫刻界を牽引してきた柳原義達。鴉や鳩を題材とする“道標シリーズ”と名づけられた作品が最もよく知られています。

1965年に動物愛護協会から依頼され、仔馬の背中にとまった鴉をモチーフとした“愛「仔馬の像」”を制作しました。それを機に自宅でも鴉を飼うようになったといいます。後に純白の孔雀鳩を飼育し、多くの素描を残しました。

作家の言葉を紹介します

 

「鳩は美しい。毎日の日課になっている私の素描のときは、嬉しさに身ごとよろこんでくれる。

…あるときは風の中の鳩になり、日向ぼっこの鳩になり、嵐の中の鳩にすらなる。私の夢が自然のなかをさまようとき、私の鳩も籠からはなれたかのように思える。自然の息吹と鳩とのかかわりがいつのまにか私の素描になってくる。身動いている不思議な命に鳩がみえてくる。私は彫刻家としての喜びにこのときはひたっているのだろう。

…私の手のなかで、大気にはばたく私の鳩がいて、それは空間の動きで生命の美しさを感じる。」

 

徹底して観察し、愛情深く鳩を飼育する中で、大自然の法則や生命の神秘を見つめ、問い続けました。またそれらに自身の人生を重ね合わせ、晩年まで繰り返し制作しました。

 

今作も「彫刻は立つことの美しさをその根源にもたなければならない。<命>として空間に立つことである。」という言葉をそのまま表したような作品で、凛とした立ち姿がとりわけ美しく堂々としています。量感の表現も見事で、自然の生き物のたくましい生命力を感じます。

鳩