加山又造 (かやままたぞう 1927-2004)

「鉄赤絵萩文俎皿」1978年 辺26.5×50.6㎝ 作陶 番浦史郎

 

略歴

1927年 京都市に生まれる。

1949年 東京美術学校卒業。山本丘人に師事。創造美術展に初出品。

1950年 第2回創造美術春季展で研究会賞受賞。

1951年 第15回新制作展で新作家賞受賞。

1959年 石本正、横山操とともに「轟会」を結成。

1966年 多摩美術大学日本画科教授に就任。

1973年 第5回 日本芸術大賞受賞。

1980年 第30回 芸術選奨で「月光波涛」が文部大臣賞受賞。

1988年 東京芸術大学美術学部教授に就任。

1992年 日本中国文化交流協会常任理事に就任。

1997年 文化功労者に選ばれる。

2003年 文化勲章受章。

2004年 死去。

221 加山又造 鉄赤絵 萩文俎皿 メール

加藤唐九郎との合作を機に陶芸に興味を持った加山又造は後に妹の結婚によって親類となった陶芸家の番浦史郎と積極的な合作を試みるようになる。

昭和50年代には三重県伊賀上野の番浦の陶房において多数の番浦の作陶に加山が装飾的な絵付けを施した作品が制作された。

この作品は昭和53年作。加山らしい琳派を思わせる描き方で、風にたなびく萩に心地よいリズムを感じる。

「加山又造全集 第五巻 用の美」(学研)に掲載。