安田 靫彦(やすだゆきひこ 1884-1978年)

「柿と赤絵」

 

略歴

明治17年 東京・日本橋に生まれる。

明治31年  小堀鞆音に師事。日本画研究会の紫紅会を結成する。

明治34年 東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学。

明治40年 岡倉天心らの国画玉成会の創立に参加。第1回文展で三等賞受賞。(23歳)

大正3年  日本美術院再興に同人として参加。

昭和10年 帝国美術院会員となる。(51歳)

昭和14年 法隆寺壁画保存調査委員となる。

昭和19年 東京美術学校教授に就任。

昭和21年 国宝保存会委員となる。日本美術展覧会の審査員となる。

昭和22年 正倉院評議委員会会員となる。東京国立博物館評議員会評議員となる。

昭和23年 文化勲章を受章(64歳)

昭和33年 日本美術院が財団法人に組織を改め、初代理事長に就任。

昭和40年 東京藝術大学名誉教授となる。

昭和53年 4月29日逝去。(享年94歳)

448 安田靫彦 柿と赤絵 8号 メール用

歴史画の大家として「黄瀬川陣」(1940〜41)、「王昭君」(1947)、「飛鳥の春の額田王」(1964)など、数々の名作を残していますが、同時にすぐれた静物画家でもありました。

理知的な構図と洗練された線による気品に満ちた作品を描き、「品位は芸術の生命」と作家は語っています。

本作品も赤絵の質感や透明感のある色彩が美しく、清雅で温かい空気をまとっています。