青龍堂
青龍堂
青龍堂

作品紹介

1

竹久夢二 「緑簾處女図」 127.7×31.4㎝

略歴 1895(明治17)年  岡山県邑久郡本庄村に生まれる。本名は茂次郎 1902(明治35)年  早稲田実 […]

  Read more
8

福田平八郎 「朝顔」

福田平八郎(ふくだへいはちろう 1892-1974) 「朝顔」  軸装 1892年(明治25年) &#8211 […]

  Read more

img02

青龍堂では、日本画・洋画の全般を扱っていますが、
明治・大正・昭和の時代を生き抜いた力のある美術家たちの質の高さを伝えるべく、
これらを「20世紀の日本美術」としてとらえ、ジャンルを意識することなく、良質な作品を紹介したいと考えております。
この時代の作家たちは、それ以前の作家や、古典的な作品に尊敬の念を抱きつつも、
真摯に自分の道を追及して、新しい表現を切り拓いてきました。
画廊の場所は、速水御舟や奥村土牛のコレクションで名高い山種美術館の近くです。
展覧会の帰りにぜひお立ち寄りいただければと思います。

会社概要

美術品売却について

山種美術館

山種美術館は、
山種証券(現・SMBC フレンド証券)の創立者である山崎種二(1893-1983)が個人で集めたコレクションをもとに、
1966(昭和41)年7 月、東京・日本橋兜町に日本初の日本画専門美術館として開館しました。
当店からとても近い場所にあり、親しくさせていただいております。

山種美術館